不動産会社

 「不動産会社」と言えば入学行事の多い3月や4月に部屋を探したり、社会人であれば出張などでお世話になったりと誰でも何となくその意味を知っていると思いますが、実際に不動産会社が何を扱っているのかちゃんと理解してる方はそんなに多く在りません。このページでは「不動産会社」の不動産とは何なのか、またどんな商品を扱っている会社なのかを簡単に書いていこうと思います。

 世間一般に「不動産会社」が扱っている商品と言えば、家やマンション・ログハウスと言った「建物」を想像しがちです。しかし「不動産会社」が扱う商品は「建物」だけでは在りません。なぜ「建物」以外の商品を扱えるのでしょうか?それは「不動産」と言う言葉に隠されていました。では実際に不動産会社の「不動産」とは一体何の事なのかご説明いたします。

 街中でよく見かける「不動産会社」とは簡単に言ってしまえば「不動産」を扱って商売を行なっている会社の事を言い、マンションや一戸建てのような建物を売買していたり最近では建物の管理・運営を行なっている所もあります。先ほどから頻繁に出てきている「不動産」が気になっている方もいる事でしょう。特に経済や財産分与などの経験を行なっていない若い方等は「不動産」の本当の意味を理解していないで使っている方もいると思います。不動産会社の「不動産」の意味は「簡単に移動させる事が出来ない財産」の事を言い、メジャーな物件としては「土地」や「建物」と言ったモノがあります。「土地」や「建物」に関してはイメージに沿っているため納得しやすいと思いますが、意外な事にこの財産以外にも「不動産」と呼称される物があります。それは「船舶」と「航空機」です。基本的にコノ二つは海域や空域を移動するために造られる乗り物なので「不動産」の定義である「簡単に移動する事が出来ない財産」には当てはまらないと思われがちですが、実際に「航空機」や「船舶」といった乗り物の中でも大型(セスナ等の小型の航空機は不動産扱いを受ける事は少ない)のモノは取り回しが困難で空港や港での規制や移動時に消費する燃料や維持費などを考えると「不動産」物件に相当すると考えられるからです。日本ではあまり取引は行なわれませんが欧米などでは中古の船舶や航空機などの取引は殆ど不動産会社が行なっており、取引も頻繁に行なわれ、取引金額も大きい事から立派な「不動産」として扱われています。そのため今後日本の取引会社でも取り扱う可能性も有るかもしれません。

 ちなみにこの「不動産会社」の規模は個々で違い、個人で経営しているような小さな会社から株式に食い込むような国際的な大規模な不動産会社まで様々な会社が存在します。前記でも書きましたが基本的に「不動産」の意味は「移動できない(動かし難い)財産」の事を意味しているので不動産会社の事を「不動産」と呼称するのは間違った使い方になります。最近の不動産会社は建物の紹介を行なうだけではなく管理・運営を同時に行なう会社が殆どですが、管理方法や運営方法に若干違いが有るため会社によっては管理している建物が痛んでいる事が有るかもしれません。建物を購入するときは必ず実物を確認が出来る会社をオススメします。とは言っても建物の売買は実物をみて行なうため欠陥部分を見逃さなければ使えない建物を掴まされる可能性は殆ど無いのでよほど怪しい建物じゃ無い限りは安心して取引を行なっても大丈夫だと思います。

Valuable information

高技術と丁寧なカウンセリングが話題のベテランアイリストが集結した人気店

表参道 まつげエクステ

振袖・着物・袴・小物を豊富に取り揃えた三重県にある振袖専門店

三重 振袖

全身脱毛・脱毛人気サロンを比較!脱毛サロンを探すなら料金口コミランキング

脱毛 福岡

東京のリノベーション・リフォーム・注文住宅・空間デザイン

リノベーション 東京

ペットの幸せな生活を創造していくサービスを提供しています。

犬 里親

2015/5/14 更新

Copyright (C) 2009 丑月不動産会社 All rights reserved.